終了

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

2017年3月11日[土]~ 2017年5月14日[日]

■企画展
《草屋根》 ラ コリーナ近江八幡 ©Nacása & Partners Inc.

 1946年生まれの藤森照信は、高校卒業まで長野県茅野市で過ごし、東北大学、東京大学大学院に進学。近代建築史・都市史研究の第一人者として多くの業績を残したのち、45歳で神長官守矢史料館(長野県茅野市、1991年)を設計、建築家としてデビュー。以後、約25年のあいだに40余の独創的な建築作品を創り続けてきました。
 屋根にタンポポやニラが植えられた住宅、皮付きの木材を柱にした鳥の巣箱のような茶室など、藤森照信の作品は、建築の通念を軽やかに超えた新しさと、遠い過去を想起させる懐かしさを併せ持つ、きわめて独創的な建築として知られています。
 本展では、建築と自然との関係を取り戻すべく藤森が取り組んできた「自然素材をどう現代建築に生かすか」「植物をどう建築に取り込むか」というテーマから、代表的な建築をスケッチ、模型や写真で紹介するとともに、これまで手掛けた建築の屋根・壁・左官等の素材見本、家具などを展示し、建築家・藤森照信の仕事をご紹介します。

★展覧会カタログは、7月中の発行を目指して現在制作中です。詳細が決まりましたら、改めてご案内いたします。


▼藤森照信(ふじもりてるのぶ)略歴

建築家、建築史家。昭和21年長野県生まれ。東北大学建築学科卒業後、東京大学大学院博士課程修了。東京大学生産技術研究所教授、工学院大学教授を経て、現在は、東京大学名誉教授、工学院大学特任教授、江戸東京博物館館長。専門分野は建築史、45才より設計を始め今に至る。近作に、《多治見市モザイクタイルミュージアム》、《草屋根》《銅屋根》(近江八幡市、たねや総合販売場・本社屋)、史料館・美術館・住宅・茶室など建築作品多数。近著に、『磯崎新と藤森照信の茶席建築談義』六耀社、『藤森先生茶室指南』彰国社など、建築史、建築探偵、建築設計活動関係著書多数。


▼参考図版

《草屋根》 内観、ラ コリーナ近江八幡(たねや総合販売場) ©Nacása & Partners Inc.

《多治見市モザイクタイルミュージアム》 撮影:増田彰久


《高過庵》 撮影:増田彰久

《銅屋根》 ラ コリーナ近江八幡(たねや本社屋) ©Nacása & Partners Inc.


《銅屋根》 内観、ラ コリーナ近江八幡(たねや本社屋) ©Nacása & Partners Inc.

《栗百本》 ラ コリーナ近江八幡(カステラショップ) ©Nacása & Partners Inc.


《栗百本》 内観、ラ コリーナ近江八幡(カステラショップ) ©Nacása & Partners Inc.


▼開催概要

展覧会名

藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察


会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー


開催日

2017年3月11日[土]~ 2017年5月14日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日 ※ただし3月20日(月・祝)開館、翌3月21日(火)休館


入場料

一般800 円、前売・団体(20名以上)600円
※前売り券販売期間 2月11日(土・祝)~3月10日(金)(水戸芸術館エントランスホール内チケットカウンターにて販売)
中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※一年間有効フリーパス
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


特別協賛

たねや


協賛

一般財団法人たじみ・笠原タイル館、秋村田津夫


協力

アサヒビール株式会社、茅野市美術館、多治見市モザイクタイルミュージアム、エルメス財団、筑波大学貝島研究室、水戸商工会議所、ラムネ温泉館、神勝寺、株式会社ジェネラルハードウェア、細川事務所、永青文庫、公益財団法人常陽藝文センター、310食堂、泉町二丁目商店街振興組合、VILLAGE310、路上観察学会、同文社


企画

井関悠(水戸芸術館現代美術センター学芸員)




終了
■関連プログラム
「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」関連企画

水戸路上観察学会総会

2017年3月11日[土]

藤森照信「スリル満点スベリ台」

赤瀬川原平、藤森照信、南伸坊、松田哲夫、林丈二らを中心に、マンホール、エントツ、看板、ハリガミ、建物のカケラなど、身の周りのあらゆる事物を観察の対象として、無目的かつ無意識的な路上の物件の面白さをあるがままに観察しあるいは採集・鑑賞する団体として1986年に結成された路上観察学会。本企画では路上観察学会員の講演、先だって開催された水戸路上観察ワークショップの講評などを通し、水戸の魅力を再発見する路上観察学会の総会を開催します。

日時:3月11日(土)13:30~15:30(開場13:00)
場所:みと文化交流プラザ6階(茨城県水戸市五軒町1-2-12)
定員:200名(先着順・予約不要)
料金:無料

詳細


終了
■関連プログラム
「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」関連企画

水戸路上観察 街なか展示

2017年3月18日[土]~ 2017年5月14日[日]

昨年11月に開催された水戸路上観察学会ワークショップの参加者の採集物件(路上観察で撮影された写真)のうち、路上観察学会員による審査を経て選出されたものを水戸市中心市街地に展示します。

詳細


終了
■関連プログラム
「藤森照信展-自然を生かした建築と路上観察」関連企画

「たねや農藝」のお話 「農はアート!」

2017年3月18日[土]

「藝」という文字は「植物に手を添え植える」という意味があります。お菓子の素材は「農」に育まれ、手を添えることによって「藝」となるとの考えに沿い、「たねや農藝」の仕事はよもぎや野菜、お米の栽培、また四季の山野草で季節を感じていただく寄せ植えを店舗に展示すること、自然のサイクルを生かした藤森建築及び樹木を管理・維持することなど多岐にわたります。たくさんの人々とともに四季に寄り添う「たねや農藝」の活動を紹介します。

講師:「たねや農藝」スタッフ
日時:3月18日(土)14:00~15:00(開場13:30)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:30名(先着順・予約不要)
料金:無料(別途展覧会入場料が必要になります)

詳細


終了
■関連プログラム
「藤森照信展-自然を生かした建築と路上観察」関連企画

フジの茶事―せん茶会

2017年3月19日[日]  4月2日[日]  16日[日]  5月7日[日]  14日[日]  

藤森照信氏設計の新作茶室《せん茶》にてお茶会を催します。水戸で活動する茶道家 境貞晴氏によるお抹茶とたねやのお菓子をご提供します。

亭主:境 貞晴(茶道裏千家)
日時:3月19日(日)、4月2日(日)、16日(日)、5月7日(日)、14日(日) 各日13:30~/15:00~
定員:各席5名(当日9:30よりチケットカウンターにてチケットを販売します。お一人様1枚限り)
参加費:500円(別途展覧会入場料が必要になります)

詳細


終了
■関連プログラム
「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」関連企画

多治見市モザイクタイルミュージアム 各務寛治館長 講演会:誰も知らないモザイクタイルの故郷のお話

2017年4月8日[土]

《多治見市モザイクタイルミュージアム》 撮影:増田彰久

近年、DIYブームとともに昭和レトロの雰囲気を醸すモザイクタイルが人気を集めています。本講演では藤森照信氏が設計し2016年6月にオープンしたばかりの多治見市モザイクタイルミュージアム館長 各務寛治氏より、日本のモザイクタイルの歴史と発展、その魅力についてお話しいただきます。

講師:各務寛治(多治見市モザイクタイルミュージアム館長)
日時:4月8日(土)14:00~15:00(開場13:30)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:30名(先着順・予約不要)
料金:無料(別途展覧会入場料が必要になります)

詳細


終了
■関連プログラム
「藤森照信展-自然を生かした建築と路上観察」関連企画

藤森照信 講演会

2017年4月9日[日]

本展出品建築家・建築史家の藤森照信氏による講演会を開催いたします。21世紀建築は自然との関係が大きな課題の一つとなっています。自然素材をどう現代建築に生かすか、植物をどう建築に取り込むか、この二つのテーマに長年取り組んできた藤森氏の試行についてお話しいただきます。

日時:4月9日(日)14:00~16:00(開場13:30)
会場:水戸芸術館会議場
定員:80名(先着順・予約不要)
料金:無料

当日はたくさんのお客様にご来場頂き、誠にありがとうござました。定員に達しましたため、ご覧いただけなかった多くの皆様には心よりお詫び申し上げます。

詳細


終了
■関連プログラム
「藤森照信展-自然を生かした建築と路上観察」特別企画

磯崎新×藤森照信 対談

2017年5月7日[日]

水戸芸術館設計者の磯崎新と、現代美術ギャラリーで展覧会を開催中の藤森照信の対談が実現!
水戸芸術館と藤森照信展について語ります。

日時:5月7日(日)15:00~16:30(開場14:30)
出演:磯崎新、藤森照信
会場:水戸芸術館コンサートホールATM
定員:400名
料金:無料 ※ただし、当日のギャラリー入場券が必要となります

★当日9:30よりエントランスにて整理券を配布します(お一人様1枚限り)
整理券を受け取る際には、当日のギャラリー入場券の提示が必要です。招待券をお持ちの方、中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は、招待券もしくは身分証明書をご提示ください。

★入場整理券の配布は、定員に達しましたので終了いたしました。対談の様子は、後日YouTubeで公開する予定です。

詳細


終了
人とアートに出会う4週間

高校生ウィーク2017

2017年3月11日[土]~ 2017年4月9日[日]

高校生ウィーク2016 会場風景
撮影:仲田絵美

■美術の教育プログラム

[展覧会+カフェ]
高校生ウィークは高校生と同年代の方に、現代美術に親しんでいただくための展覧会無料招待期間です。
期間中は年齢を問わずギャラリー入場者がどなたでも利用できるカフェを開設し、さまざまなプログラムを行います。

期間中、高校生は無料で何度でも現代美術ギャラリーの展覧会が見られます。
招待対象|高校生または15歳~18歳の方
招待期間|3月11日(土) ~4月9日(日)
入場方法|年齢または学籍がわかる身分証明書を水戸芸術館エントランスホールチケットカウンターにご提示ください

>>チラシ(表)のダウンロードはこちらから 【PDF】
>>チラシ(裏)のダウンロードはこちらから 【PDF】

★5月14日(日)までカフェを延長!!
今年は高校生ウィーク終了後も藤森照信展終了までカフェ開設期間を延長します。
カフェ「tegula」
期間|4月11日(火)~5月14日(日) ※月曜休館
時間|火~金 15:00~18:00、土・日・祝 13:00~18:00
会場|現代美術ギャラリー内ワークショップ室 ※展覧会入場料が必要です

詳細


終了
藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2017年4月20日[木]~ 2017年4月21日[金]

■美術の教育プログラム

●日時:4月20日(木)、21日(金) 各日10:00~12:00
●参加費:1000円(展覧会入場料を含む)
●定員:各日15組(要申込・先着順)
●対象:未就学児とその保護者
●お申込:水戸芸術館現代美術センター Tel. 029-227-8120
●協力:NPO法人 子育て応援・ペンギンくらぶ

※定員に達しましたので募集を締め切りました。

係員やボランティアと一緒に展覧会を鑑賞します。鑑賞に加え、ねもといさむ(子どものアトリエ主宰)と一緒に親子で楽しめるワークショップを実施します。

詳細


終了
藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察

ウィークエンド・ギャラリートーク

2017年3月25日[土]~ 2017年5月14日[日]

■美術の教育プログラム

●参加費は展覧会入場料に含まれます

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。
期間:3月25日(土)~5月14日(日) 期間中の毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
※都合により中止になる場合がございます。4月8日(土)、9日(日)、5月7日(日)は関連企画実施のため中止。

詳細