朗読劇

この子たちの夏

1945・ヒロシマ ナガサキ

2015年7月18日[土]

■招聘公演

チケット予約

唯一の原子爆弾での被爆国である日本。
日本人としての経験を記録でなく記憶に留めたいと、構成・演出の木村光一が遺稿や手記、詩歌など膨大な資料の中から、テーマを「母と子」に絞り朗読劇としてまとめたのが本作品です。
暑い夏の一日、その言葉に耳を傾けてみて下さい。

【構成・演出】木村光一

【短歌・俳句の朗読】水戸市内の中・高生



▼CAST

旺なつき

かとうかず子

島田歌穂


高橋紀恵

根岸季衣

原日出子



▼ぴ~すプロジェクト

水戸市では平和記念館・市立博物館・水戸芸術館の3館連携で「戦争」と「水戸空襲」の記憶を若い世代に伝え、平和の大切さをみんなで考えるイベント「ぴ~すプロジェクト」を実施しています。

水戸芸術館ACM劇場では、「ぴ~すプロジェクト」参加作品として、以下の三作品を連続上演いたします。

◆7月18日(土)
『この子たちの夏 1945ヒロシマ ナガサキ』
 出演:旺なつき、かとうかず子、島田歌穂、
    高橋紀恵、根岸季衣、原日出子 ほか

◆7月25日(土)
『黒い雨』
 出演:奈良岡朋子

◆8月2日(日)
『未来へ―つなぐ記憶』
 出演:伊藤智美、三森千愛、秋元康臣、塩谷 亮、小林祐介

【全席指定】S席4,500円、A席4,000円、B席3,500円

●未就学児の入場はご遠慮ください。
●車椅子でのご来場は、スムーズなご案内のため予約時に水戸芸術館にご連絡をお願いいたします。
●開演時間を過ぎてのご入場は、お持ちのチケットの指定席にご案内出来ない場合がございます。

 
  • 15:00
7月18日[土]
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •